アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
大阪市立大学整形外科学教室のブログ
ブログ紹介
大阪市立大学整形外科学教室でのイベント、出来事、教室員の学会報告などを皆さんにお知らせしていきます。
zoom RSS

海外学会レポート:2018 ESSKA(ヨーロッパスポーツ外傷膝・関節鏡学会)

2018/06/04 13:46
前期研究医の木下拓也です。
2018年5月9日から12日にかけて18th ESSKA(European Society of Sports Traumatology, Knee Surgery & Arthroscopy)Congressに参加してきましたのでご報告させて頂きます。

ESSKAは2年に1度開催され、毎回新しい治療法が提案され、知識のアップデートでき、膝・スポーツ分野の治療を行っている者としては欠かせない学会です。今回の開催地はスコットランドのグラスゴーでした。グラスゴーはそれほど大きな街ではなく、落ち着いた雰囲気でした。現地の人の英語は訛りが強く聴き取りづらかったです。

スポーツグループからは合計10演題(大阪市大5演題、大阪市立総合医療センター1演題、しまだ病院3演題、十三市民病院から1演題)の発表を行いました。うち2演題は口演であり、関連病院から若手の先生が発表されました。
大学からは橋本先生、西田先生、筆者が参加しました。今回は参加者が多かったこともあり、学会中のディスカッションや食事会などを通じてグループの結束が一段と深まったように感じます。会期中には、橋本先生・山崎先生が留学先でお世話になった肩関節鏡のエキスパートであるDan Guttmann先生をお招きし、さらに東京医科歯科大学スポーツグループの先生方も交えて会食をすることが出来ました。海外での学会活動は大学間、国家間の垣根を越えた交流ができる貴重な機会であると強く感じました。

学会ではACL・半月板を中心に勉強して参りました。グローバルサタンダードを勉強することができ、日本の良いところにも気づくことができました。
今回、国際学会を経験させて頂き、多くの刺激を得ることができました。今後も精力的に頑張っていく所存です。


・会場前での集合写真

画像
皆さん気合が入っております。



・E-posters前で記念撮影をする筆者

画像
口頭発表はありませんでしたが、発表した感を出しています。




・プレゼンテーションを行う韓先生

画像
堂々と発表されておりました。




・プレゼンテーションを行う西野先生

画像

画像
カメラマンになぜか360°舐め回される西野先生。




・グラスゴーの目抜通り

画像
ESSKAのピンクの幟がありました。




・東京医科歯科大学古賀先生を筆頭としたスポーツグループとの会食

画像
橋本先生と山崎先生の師匠Dan Guttmann先生を交えて、楽しいひと時でした。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アメリカ整形外科学会

2018/03/29 11:16
大学院生の堀です。2018年3月6日から10日にかけて、アメリカ整形外科学会 (American Academy of Orthopaedic Surgeons; AAOS) の2018年Annual meetingに参加してまいりましたので、ご報告いたします。
 今回の開催地はジャズが生まれた町として有名なNew Orleansでした。大阪市大からはAAOSには鈴木先生、山田先生、高橋先生、上山先生が、続けて開催されるアメリカ整形外科基礎学会 (Orthopaedic Research Society;ORS) からは山村先生、中村卓先生が参加されました。箕田先生はインフルエンザのため、残念ながら参加できませんでした。New Orleansまでは乗り継ぎ2回、計20時間程度を要し、飛行機が遅れ、荷物は更に遅れるというトラブルに見舞われながらも無事にたどり着きました。
 AAOSは世界でも最大規模の整形外科学会であり、アメリカ全土や海外から多くの整形外科医が参加し、会場は大盛況でした。口演やポスターでは最先端なものからユニークなもの、日本とは違った視点からの発表など興味深いものがいくつかあり、大変刺激的でした。採択されるのが難しい学会ではありますが、また機会があれば参加したいと思います。


・会場での集合写真

画像
学会場は噂通りかなり広く、展示場の端から端まで移動するのに10分程度かかりました。



・プレゼンテーションを行う高橋先生

画像
英語での質問に対しても難なく反論していました。


・プレゼンテーションを行う筆者

画像
私は腰椎手術における透析の影響というテーマでe-posterでの発表を行いました。やはり英語での発表は緊張します。



・New Orleansの街並み

画像
フレンチクォーターという区画にはフランス、スペイン統治時代の建物が残っており、観光地として人気があります。



・NBA観戦

画像
最終日はNBA観戦に行きました。地元のチームは大敗してしまいましたが、楽しいひと時を過ごせました。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018年 人工関節学会

2018/03/09 11:39
大学院2年生の上山です。第48回日本人工関節学会に参加してきたのでご報告させていただきます。
今学会は2018年2月23日、24日にかけて東京国際フォーラムにて日本医科大学主催にて行われました。東京国際フォーラムは東京駅と地下道でつながっており非常に交通の便がいいところです。大学からは関節グループや肩グループの先生方が参加されました。さすがに人工関節関係の中では大きな学会であるので他の病院におられる多数の同門の先生方も参加されておりました。
私自身は「両側同時TKAにおけるインプラント周囲BMDの、機種別経時的変化の検討」について口演をさせていただきました。同セッションにて、箕田先生、中村先生が口演され大阪市大の存在感をアピールすることができたと思っております。他大学の似たようなテーマでの研究されておられる先生がたとも情報交換することもでき、有意義な発表であったと感じました。
今回の学会では、人工関節術後の”患者満足度”について特に焦点があてられていたように感じました。もちろん技術革新や、手術手技についての討議も活発ではございますが、臨床的意義について注目度が高まってきているのだなと肌で実感できました。
学会後の懇親会では他病院の先生ともお話する機会にも恵まれ、自分の仕事に対する刺激にもなりました。最後になりましたが、このような学会活動の機会を与えていただき感謝しております。今後も精力的に頑張っていきたいと思います。

画像ポスター会場の上からの様子



画像
メイン会場での教育研修講演の様子



画像
学会終了後、会場前にて撮影
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会に参加して

2017/11/13 11:36
大学院生の西田洋平です。2017年9月8日から9日にかけて、第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会に参加いたしましたのでご報告させて頂きます。
 今回は宮崎大学主管のもと、宮崎市シーガイアコンベンションセンターでの開催でした。学会前日はにわか雨も降っておりましたが、会期中は大変天候に恵まれ、シーガイアから望む南国の雰囲気を体感しながら勉強させて頂く場となりました(写真1)。
 本学会では膝、肩、肘、足を中心とした、スポーツで特に障害を受けやすい部位の疾患をテーマに、診断や治療(手術療法はもちろんのこと、保存療法も特に強調されていました)を中心とした様々な口演、パネルディスカッション、シンポジウムが行われていました。テーマにも挙がっておりましたラグビーに頻発するコンタクトスポーツの肩関節脱臼、主に少年野球選手にしばしば発生する肘離断性骨軟骨炎、スポーツ選手にとって重要な膝ACL損傷に対する再建術後の早期復帰など、スポーツに関する外傷・障害について幅広く議論されていました。
また、今後日本で行われる2019ラグビーワールドカップや2020東京オリンピック・パラリンピックに向けてのメディカルサポートのシンポジウムも行われ、数年度に控えたスポーツの世界的イベントに日本の整形外科医がどのように関わっていくかについての講演やディスカッションも行われていました。
大阪市大スポーツグループからは大阪市大整形外科から3演題、島田病院から3演題、清恵会病院から2演題、大阪市立総合医療センターから1演題、びわこ成蹊スポーツ大学から1演題、佐野記念病院から1演題と、合計11演題の発表(口演9題、ポスター2題)をさせていただきました。私もACL再建術後の軟骨代謝マーカー(COMP)に関する内容で口演発表させて頂くことが出来ました。その際の質疑応答は的確な鋭い質問が飛び交い、注目の高さと、その準備の重要性を痛感いたしました。
実は大阪市立大学整形外科は記念すべき第1回、第3回の学術集会を市川宣恭先生が会長のもとで開催しています。そして2年後の第45回本学会を、大阪市立大学整形外科中村博亮教授が開催されることになっており、当教室でも力を入れている学会となります。当教室の橋本を含め、参加しているメンバーは各会場に張り付き、現在各分野でのトピックスや最新の知見、今後注目される分野などを調査しながら勉強してきました。また中村教授を中心に、2年後の学会主催について、具体的な方向性をディスカッションする機会もございました。
スポーツグループ若手としてそれぞれの役割を自覚しながら、常に情報をupdateし、新たな研究を通じて情報を発信できるよう日々精進していく所存です。
第45回日本整形外科スポーツ医学会学術集会は2年後の2019年8月30、31日(金、土)にグランフロント大阪で開催されます。大変交通の便がいいところですので、皆様是非参加していただければと思います。
 
文責 西田洋平

画像
写真@学会場からの様子 快晴でした。



画像
写真A学会場にての集合写真 2年後を見据えてグループ一同頑張ります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プレスリリースしました!

2017/11/08 12:13
大阪市立大学整形外科の研究成果「末梢神経の保護と再生に向けて 人工神経で神経の癒着を防止」がプレスリリースされました。
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2017/171020-2


日本経済新聞(11/6朝刊)に掲載されました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2312477005112017TJM000/


その他の掲載
エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/it_biz/20171027/Cobs_1683702.html


整形外科からの過去のプレスリリースはこちらです。
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2016/160705

https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2014/gb2u4u-1

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第32回日本整形外科学会基礎学術集会

2017/11/06 17:58
平成21年卒・現在大学院生4年の平川です。

 2017年10月26日、27日に沖縄県にて開催された第32回日本整形外科学会基礎学術集会に参加して参りました。この学会は整形外科領域の基礎研究での成果を発表する学会であり、大学院生は基本参加というスタンスの学会です。僕個人としては4回目の参加でして発表は初めてでした。今まで演題登録はしていたのですが、落選続きでしたので最後に口頭での発表の機会を与えて頂いて非常に嬉しかったです。発表内容はこれまでの大学院生活で肩グループトップの間中先生のご指導のもと研究をさせて頂いていた“βTCPを担体としたBMP-2による腱骨連結部の再生”というテーマの発表をさせて頂きました。発表自体は特に大きな問題もなく、無事終える事ができてほっとしております。また、今回の発表のためにわざわざ大阪から日帰りで駆けつけて頂き間中先生には非常に感謝しております。
 大学院生生活ももうすぐ終わりに近づいて来ておりますので大学院の後輩へメッセージを贈りたいと思います。大学院生の間はできるだけ発表がなくても毎年基礎学術集会には参加してほしいと思っております。他グループの発表や、基礎ならではの斬新な内容の発表などあり、普段の臨床グループとは違う仲間達とともに時間を分かち合える貴重な時間です。
 最後になりましたが、今後も臨床・基礎研究ともに日々研鑽を積んでいく所存でありますので、御指導のほどよろしくお願いいたします。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第129回 中部日本整形外科災害外科学会学術集会 学会奨励賞を受賞して

2017/10/11 11:32
平成20年卒・現在大学院生4年の横井です。

今回富山県にて開催された第129回中部日本整形外科災害外科学会学術集会にして参りました。またこの度、「iPS細胞移植による末梢神経再生 神経再生における免疫応答と加齢の影響について」という題目で、基礎部門学会奨励賞を受賞することができました。この研究は、私が院生生活の4年間で行ってきた研究の総まとめであり、一定の評価を頂いたことに、大変うれしく思っております。

この研究はもちろん私だけではなく、指導頂いた高松先生・上村先生、また先輩後輩の院生の先生や、実験助手の秦さん、荻さんのお助けがあったからこそであります。この受賞を励みにして、今後も頑張ってまいりたいと思います。今後もご支援ご指導の程、よろしくお願いいたします。

画像

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

大阪市立大学整形外科学教室のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる