アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
大阪市立大学整形外科学教室のブログ
ブログ紹介
大阪市立大学整形外科学教室でのイベント、出来事、教室員の学会報告などを皆さんにお知らせしていきます。
zoom RSS

第129回 中部日本整形外科災害外科学会学術集会 学会奨励賞を受賞して

2017/10/11 11:32
平成20年卒・現在大学院生4年の横井です。

今回富山県にて開催された第129回中部日本整形外科災害外科学会学術集会にして参りました。またこの度、「iPS細胞移植による末梢神経再生 神経再生における免疫応答と加齢の影響について」という題目で、基礎部門学会奨励賞を受賞することができました。この研究は、私が院生生活の4年間で行ってきた研究の総まとめであり、一定の評価を頂いたことに、大変うれしく思っております。

この研究はもちろん私だけではなく、指導頂いた高松先生・上村先生、また先輩後輩の院生の先生や、実験助手の秦さん、荻さんのお助けがあったからこそであります。この受賞を励みにして、今後も頑張ってまいりたいと思います。今後もご支援ご指導の程、よろしくお願いいたします。

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第72回 アメリカ手外科学会(ASSH)に参加して

2017/09/13 15:37
 大阪市立大学整形外科大学院生の新谷康介と申します。2017/9/6-9/9までThe 72nd Annual Meeting of the American Society for the Surgery of the Hand (ASSH:アメリカ手外科学会)に、岡田先生とご一緒させていただきました。
 今回の開催都市はサンフランシスコでしたが、ASSHの開催都市は限られているため、私は2度目のサンフランシスコでした。日中は暖かくとても過ごしやすいのですが、朝晩が思ったより冷え込んだため、現地で上着を1着購入せざるを得ないことになりました。
 大変光栄ながら、私は基礎研究の内容で口演発表させて頂けることになりました。演題採択は狭き門であることを知っていましたが、口演発表は78題(採択率 約1割)であったことには驚かされました。大阪市立大学と関連病院から、口演とポスターで計4題の発表となりました。
 口演時間を超過すると問答無用でシャットアウトされている光景を目の当たりにし、冷や冷やしたものの無事発表を終えることができました。日本からも多くの先生がお見えになり、Best Papersでは2/6題が日本からの研究で、日本の研究レベルの高さを改めて感じました。また、以前に韓国の病院見学で大変お世話になったJaekwang Kim先生と学会場でお会いでき、お食事もご一緒させていただくことができ大変光栄でした。
 今後このような名誉ある学会で口演できるよう、精力的に活動していきたいと改めて感じました。


画像写真1:学会会場にて



画像写真2: 座長はDr.Peter M. Murray, Dr.Ranjan Gupta



画像写真3:食事会にて



文責:新谷 康介
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


PASMISS 2017

2017/08/07 12:32
7/28から7/29にかけて、当教室が札幌でPASMISS 2017(The 17th Annual Meeting of The Pacific and Asian Society of Minimally Invasive Spine Surgery)を主催いたしました。JASMISS(日本低侵襲脊椎外科学会)との共同開催でした。アジア諸国の脊椎外科の重鎮が多数出席されるということで、学会を成功すべく脊椎チーム一丸となり尽力しました。

画像中村先生 開会の辞



画像学会場



アジア各国の最小侵襲脊椎手術に関する発表は、各国の特色や日本で保険適応になっていないような治療、日本で一般的でないような手術手技に関することが多く大変勉強になりました。また日本の先生方の発表においても私が知らなかったような治療の進歩があり、興味深く拝聴させていただきました。メイン会場はかなりの人で埋まり、熱い討論がかわされました。

学会は過去最高の演題数、参加者数となり成功に終わりました。国際学会でしたので、各国の先生方から様々な要望もございましたが、大きなトラブルなく対応することができました。大変な面もありましたが、私にとっても、先輩・後輩とともに国際学会に携わることができ、貴重な経験となりました。

画像脊椎グループで最後に記念撮影


文責:高橋 真治
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第50回 日本整形外科学会・骨軟部腫瘍学術集会

2017/07/31 12:06
大学院生の岩井 正です。第50回日本整形外科学会・骨軟部腫瘍学術集会に参加して参りましたので報告させていただきます。

2017年7月13日・14日と東京都の京王プラザホテルにて第50回 日本整形外科学会・骨軟部腫瘍学術集会が開催されました。
われわれ大阪市大から、星先生・大戎先生・嶋谷先生・大阪市立総合医療センターからは青野先生・高田先生 府中病院からは家口先生 済生会千里病院からは伴先生と多数の演題が採択され、精力的に発表を行っています。私自身も、「表在性軟部腫瘍に関するMRIの有用性」に関して、発表の機会をいただきました。

毎年、症例検討などの講演もあり勉強になる学会ですが、海外からの著名な先生方の英語講演を聞くと、内容はともかく、やはり英語の重要性を再認識させられます。

また、今年は、腫瘍グループの先生方の他、淀川キリスト教病院の堂園先生・レジデントの橋口先生・飯盛先生も転移性脊椎腫瘍に関する発表をされており、とてもよい刺激になりました。

今回の学会で得たモチベーションを維持しつつ、今後も研究・学術活動を行い、最大限に努力していきたいので、御指導・御鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

画像

嶋谷先生
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第22回 ヨーロッパ手外科学会学術集会

2017/07/03 16:42
大学院生の斧出絵麻です。
平成29年6月21日から24日までブダペストで開催されました第22回ヨーロッパ手外科学会学術集会に参加してまいりましたので、報告させていただきます。
ガイドブックには「北海道と同程度の気温」と示されているにも関わらず、現地に到着してみると灼熱の太陽がじりじりと照りつけ、気温は連日36℃前後まで上昇し、真夏の大阪を連想させる気候でした。
大阪市立大学整形外科及び関連病院からは合計12演題の発表があり、大学からは上村、横井、斧出が発表させていただきました。
今回最も驚いたのは学会中に発表された国別の「Top 10 registration」の結果で、ヨーロッパの学会であるにも関わらず、なんと日本がオランダ・スイス・イギリス・韓国に次いで5位であったことです(その後はドイツ・ハンガリー・フランス・イタリア・ベルギーでした)。元々ヨーロッパの学会はアメリカの学会に比べ日本人参加者数が多い印象がありましたが、今回も日本の先生が全国から大勢参加され、熱心に発表や討論を繰り広げておられました。もはや「日本人だから英語は苦手」とはいえない状況になってきているのだと改めて痛感するよい機会となりました。
ブタペストはドナウ川を挟んでブタとペストという街が合併したハンガリーの首都であり、歴史的建造物が川沿いに建ち並び、街そのものが世界遺産に登録されています。温泉、貴腐ワイン、フォアグラ、パプリカなどが有名です。そして何よりもドナウ川沿いの夜景がとても綺麗です。
来年度、本学会はデンマークのコペンハーゲンで開催される予定です。更に研究と英語の勉強を重ね、よりよい発表が出来るよう努力して参りたいと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。

画像
世界遺産の街 ブタベスト

画像
学会場にて

画像
横井先生

画像
上村先生

画像
ドナウ川クルーズ
世界一の国会議事堂をバックに

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


医局説明会

2017/06/30 17:18
大学院生の堀 悠介です。
平成29年6月24日(土)の医局説明会では、総勢13名の研修医の先生、医学生の方々にご参加頂きました。

説明会は中村教授のご挨拶から始まり、教育担当の鈴木先生より新専門医制度に関する説明、当教室の研修制度の説明がありました。説明にもありましたように、新専門医制度では、地域医療研修が必須となっておりますが、当教室では兵庫県や奈良県、和歌山県などに研修施設があり、それぞれが確実に地域での研修を行って頂ける制度が整っております。また、毎年研修病院の評価を点数化しており、常に優れた病院で研修が行えるよう準備されているとのことでした。

続いて、各研修病院の先生方より病院の紹介を行って頂きました。それぞれの病院に特徴があり、病院内部の設備やスタッフの紹介、飲み会やその他の行事の紹介など、魅力的な内容ばかりでした。これから当教室で研修を受ける先生方や学生の方々にとって、研修先の選択は重要な意味をもつと思います。是非今回の紹介内容をご参考にしていただければと思います。

最後に池渕先生から当大学のスタッフの紹介ビデオ、前期研究医の小宮先生から実際の仕事内容に関する説明がありました。特に、今回は参加者の約半数が女性であり、女性医師である小宮先生のお話は大変参考になったのではないでしょうか。

懇親会では当教室行きつけのお店で、前期研究医と大学院生などをはじめとする若手医師と、本日来ていただいた先生、学生方と忌憚のない意見交換がなされました。参加してくださった皆様も、最初はスーツ姿で硬い印象でしたが、スポーツが好きな方から楽器演奏を趣味としている方など、それぞれ異なる個性を持っており、色々な話に花が咲きました。また、仕事面でも色々な病院で勤務された先輩方の話を聞いて、実際にご自身が働く姿がイメージできたのではないでしょうか。

今後整形外科として長い医師生活を送る上で、どこの大学であるいは病院で研修を受けるかの選択は大変重要であり、迷われることも多いかと思います。今回ご参加頂いた皆様には、当教室の研修制度や研修病院の特徴はもちろん、何より当教室の居心地の良さが伝われば大変うれしく思います。残念ながら今回の説明会に参加できなかった先生方、学生の皆様も、見学などは随時行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

最後になりましたが、先生方におかれましては、お忙しい中、医局説明会にご参加ご協力いただき誠にありがとうございました。
また将来一緒に働ける日を楽しみにしております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第90回 日本整形外科学会学術総会

2017/05/24 17:50
大学院生の西田洋平です。第90回日本整形外科学会学術総会(日整会)に参加してまいりましたのでご報告させて頂きます。

日整会は整形外科全分野を網羅する学会であり、参加人数も国内最大規模であります。今年は2017年5月18日から21日にかけて、宮城県仙台市の仙台国際センターで開催されました。

我々大阪市立大学からも多くの先生が参加されていました。私は関節鏡術後の合併症についてポスター発表の機会を頂き、なんとか発表を終えることが出来ました。スタッフの先生方は、中村教授の教育研修講演「低侵襲脊椎手術のこれまでの経過と現状、今後の課題」を筆頭に、シンポジウムの演者や座長など、より精力的に活動されておられる姿が印象的でした。

さて、日整会の恒例行事として、親善スポーツ大会(野球、サッカー、バスケ)があります。野球とサッカーは残念ながら本戦に出場できませんでしたが、昨年から開催されるようになったバスケットボールで、大阪市大は準優勝という成果を挙げており、今年は優勝が期待される状況でした。
中村教授をはじめ多くの先生方が応援に駆け付ける中、初戦は無事に突破したものの、2回戦では相手のスリーポイントシュートが次々と決まり、残念ながら敗退してしまいました。改めて勝負事の難しさを痛感するとともに、普段は見ることのできない同志の溌溂としたプレーに刺激を受けました。

来年の日整会は神戸で行われる予定です。今回の学会で得たモチベーションを保ちながら、日々臨床や研究に励んでいきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

画像
学会場の様子 雲一つない晴天でした
画像
画像
中村教授の教育研修講演
画像
バスケットボール、試合前の様子
画像
バスケットボール、試合後の記念撮影
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

大阪市立大学整形外科学教室のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる